他社との違い 売却活動の違い

売却活動戦略の違い

弊社は同業他社との販売協力や新しい広告媒体の活用により、販売チャネルの最大化を目指します。

一般の流れ

一般の流れ
仲介業者は手数料報酬獲得をメインに活動する企業である為、1つの取引で利益を最大化することが企業努力となります。その為、依頼先仲介会社は、売却依頼者様と購入者様からの両者から報酬を得ることが最大利益となり、可能な限り競合他社を排除し自社のお客様を囲い込む販売活動を選択する傾向にあります。結果として宣伝活動の幅に限りがあり、売却までに時間がかかる可能性や、より良い条件の検討者様へ周知できないという、機会損失が発生するケースも少なくありません。


弊社での流れ

弊社の場合
一般的には競合となる仲介会社間の垣根を超えて、見込顧客数の多い大手仲介会社や広告を行う物件のエリアに強い仲介会社へ、販売協力を弊社が直接依頼いたします。更にご依頼者様は、弊社への売却依頼で広告効果を最大化でき、仲介会社の選定や複数の仲介会社とのやり取りをする煩雑さを省略出来ます。

弊社へ売却を依頼することで、複数の不動産会社へ依頼する以上の広告効果があります。

広告媒体を弊社は積極的に利用します

弊社が積極的に活用する理由

  • ・ユーザーの多様化が進んでいる為、ターゲットを細分化する必要がある
  • ・購入需要のある地域や年齢層を想定し、広告を効果的に行うことが可能
  • ・広告効果を具体的な数値で検証出来、その後の販売計画を立てやすい

他社が利用をしない理由

  • ・不動産専門ポータルサイトや自社ホームページのみに依存している
  • ・1物件のみの紙面広告掲載では費用対効果が得られないと考えている
  • ・SNS等の広告効果や仕組みへの理解が薄い

※物件広告を制限されたいお客様へは、インターネットを利用しない販売活動を
別途、ご提案させて頂いております。